玉川温泉での湯治と玉川温泉に行けない人のための方法

玉川温泉の歴史

 

玉川温泉は西暦806年ごろに、火山の中腹が噴火して出来たがった温泉と言われています。それから約1200年、湧き出る温泉の量は変化はなく現在にいたるようです。源泉の湧き出る湯の量は毎分9000リットルちかくもあり、温泉の中でも日本一だそうです。

 

今では、さまざまな病気を湯治する奇跡の温泉と呼ばれていますが、そのまた昔は「玉川毒水」と言われて、魚は死ぬ、植物さえも育たないという死の水だったと恐れらていたそうです、しかしそれが思わぬ展開で体に良いのではないかと噂されたきっかけがありました。それがマタギ(猟師)仕留め損なった鹿を追っていると、傷をおった鹿が湯につかり傷を癒やしていたことが噂となって湯治の温泉となってきたと言われています。

 

shika

 

動物には本能的に自分にあった物を見つけることができるのでしょうか。

 

そのことがきっかけで多くの方が病気の治癒を体験して、その名が有名になったというの玉川温泉の歴史と言われてます。