玉川温泉での湯治と玉川温泉に行けない人のための方法

ガンの湯治に多くの患者さんが訪れる玉川温泉の特徴とは

 

玉川温泉はガンの湯治で有名な温泉ですが、他の温泉とは違う特徴があります。それは玉川温泉にはラジウムという放射線が放出されているという特徴があります。

 

ラジウムとは、ウランがエネルギーを放出しながら壊れていく過程でできる物質で、そのラジウムが壊れたものをラドンとよんでいます。ラドンは自然放射線の半分以上を占めていて無色・無臭のガス状の物質とされていて

 

高濃度のラドンを含む地層を通った地下水はラドンを含んだ温泉水となり、ある一定量以上のラドンを含む温泉を法律で「放射能泉」とされています。そしてラドンを多く含んだ放射能泉をラジウム温泉と言われています。

 

玉川温泉の岩盤の放射線量は場所には、多少左右されますが4マイクロシーベルト毎時ぐらいあるそうです。